Authorized Prometric Testing Center

試験の申込みは
プロメトリックサイトより

Website Design

HTML&CSSによるWebコーディングやWordpressによるサイト構築/ Web制作セミナー&スクールの開催

弥生スクール

経理事務に人気の高い弥生会計ソフトの学習や検定を目指す方のための弥生スクール会員校

HOME

 ホームページの作成にはマークアップ言語としてのHTMLとスタイルを指定するための言語CSSとを組み合わせ、必要に応じてJavascriptなどでアニメーションなど動的な技術を加えて作成します。このHTMLについては昨年2014年の10月にW3Cより正式にHTML5が勧告されました。Webクリエイター能力を測定するためには認定試験を受けることが良いでしょう。サーティファイの「Webクリエイター能力認定試験」は、Webサイト制作のデザイン知識およびWebページのコーディング能力を測定・評価する認定試験で、サーティファイWEB利用・技術認定委員会が主催しており、エキスパートとスタンダードといった難易度に応じた級種を選択することで、現役のWebクリエイターはもちろんのこと、Webデザイナー、Webディレクター、Webプログラマー、それらを目指す学校・教育機関で学習されている方など、Webに関わる全ての方々を対象とした試験となります。詳しくはサーティファイのサイトより「Webクリエイター能力認定試験」をご覧下さい。当校で前回受験いただいた3ヶ月の職業訓練生全員が難易度の高いエキスパートに合格いただいております。


 最近の一般事務にパソコン操作は常識的です。パソコン操作の基本はある程度の入力速度と文書作成部門ではレイアウトをする機能の知識で、これが証明できれば即戦力といえるでしょう。このスキルを証明する方法として、やはり検定取得は欠かせません。職業能力評価の専門機関として設立された職業能力開発協会でも表現されているとおりコンピュータサービス技能評価試験(CS試験)で2級以上を取得できれば少なくとも入力速度では実務での即戦力といえるでしょう。当校の職業訓練生の実績としても、はじめてパソコンにさわる方でも3ヶ月の訓練で2級への合格実績を有しております。


 最近の一般事務では「EXCELのできる方」と求人雑誌でもよく見かけますがパソコン操作の能力として表計算ソフトの処理能力も求められます。特に小規模企業では請求書や集計表といった帳票にソフト開発などの多額なコストをかけられないため多彩な帳票作りが可能な表計算で都度オリジナリティーな帳票を作成する機会が増えているためです。表計算での帳票作成には関数の知識が必要ですが、この検定では3級で取り扱う関数が11に対して、2級では76もの関数の取り扱いを必要とされ、しかもネストと表現される組み合わせ能力も必要とされる検定内容になっています。ワープロ部門と同様に表計算部門でもコンピュータサービス技能評価試験(CS試験)で2級以上を取得できれば実務的な即戦力のレベルといえるでしょう。当校の職業訓練生の実績として、はじめてパソコンにさわる方でも4ヶ月の訓練で2級への合格実績を有しております。


【サーティファイの認定試験】は、実際の業務に活用できるスキルを測定することを目的として開発されました。単純知識や操作能力ではなく、ビジネスシーンにおいて何ができるのかという「即戦力を証明する試験」を提供いただいており、本校でも試験会場として認定を受けております。本校の訓練では特にWebクリエイター能力認定試験HTML5に力を注いでいます。

【コンピュータサービス技能評価試験(CS試験)】は、国の定める法律、「職業能力開発促進法」で職業能力評価の専門機関として設立された職業能力開発協会が行う試験で入門者からエキスパートまでを対象にしたグレード設定(上位から1級(エキスパートレベル)→2級(実務レベル)→3級(入門レベル))とし、実務作業を想定した試験内容で、仕事で活用できる能力を評価するため、即戦力の人材を育成、評価できるように設計されています。本校でもワープロ部門・表計算部門・データベース部門・オフィスドキュメント部門で試験会場の施設認定をいただいております。